後ろから絞められたら

月3回行なっているNBC学園講座「ダイエット・ブラジリアン柔術」。

過去にアップした講座の記事には
エクササイズの写真しか掲載していなかったので、
今回は後半の護身術テクニックの練習風景を紹介します。


今日は、背後から首を絞められた場合の対処を2種類練習しました。
まずは首をしっかり守り、重心を落とします。
そこから相手の横から脇をくぐって脱出します。


もう一つは、相手の真下で丸まります。
そうすると柔道の一本背負いのように、
相手を前に転がすことができます。
「投げる」ことを意識してしまうと、潰されやすくなります。
「転がす」ようにしてください。


大まかな動きの流れを紹介しましたが、
それぞれの動きにはポイントが幾つかあります。
そのポイントを無視してしまうと、
同じ動きをしているつもりでも失敗してしまいます。


NBC学園講座では、前半にエクササイズメニュー、
後半には上記のようなセルフディフェンスを練習しています。
受講生の半数は女性です。
月3回、楽しみながら身体を鍛え、
そして護身術を学んでいただいています。

見学・体験練習はいつでも大歓迎です。
お問い合わせはNBC学園(095-826-3111)までお願いします。